>  > レディー・ガガの新曲リークは自作自演か

ガガの新曲リークは自作自演か 海外の大胆すぎるプロモーション事情

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レディー・ガガのニューシングル『Applause』から、一部の音源がインターネット上に流出。これを受け、8月19日だった配信予定日が一週間繰り上がり、本日13日に解禁された。ガガは今回の件について、自身のツイッターで「ハッカーによる多数のリークがありました。ポップ・ミュージックに緊急事態です。モンスターたちこのニュースを拡散して!」とコメントしている。

ネット上の反応は「期待していたより普通の曲」「ライブパフォーマンスで化けるから楽しみだ」など楽曲への感想がメインだが、一部からは「わざと流出させたんじゃないの?」という声も。ガガは2011年のシングル『Judas』PVでも流出騒ぎを起こしているため、「またか」と思うファンも多かったようだ。はたして、真偽のほどはどうなのか。音楽・ITライターの大山貴弘さんに聞いた。

「ガガは普段からSNSをバリバリ使っており、今回も自ら『ダウンロードしないで』と呼びかけています。完成してから聞いてほしいという一心での行動かもしれませんが、本人が発言すると情報が広まってしまうので、本来なら粛々と削除依頼をするのが正しいアプローチですよね。そう考えると、『押すなよ!』というダチョウ倶楽部のネタのようでもあり(笑)、炎上マーケティングのひとつと捉える意見が出ても不思議ではありません。もちろん、故意かどうかを断言することはできませんが……」

      

「ガガの新曲リークは自作自演か 海外の大胆すぎるプロモーション事情」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版