>  > ファミマ“ももクロ弁当“を実食してみた

話題のファミマ“ももクロ弁当”はアリ?

ウィンナーが高城の顔のように...本日発売、ファミマの"ももクロ弁当"実食レポート

関連タグ
ももいろクローバーZ
アイドル
イベント
フード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日より、ファミリーマートで「ももいろクローバーZ」と共同開発した弁当を、全国の店舗で発売するとのことで、編集部でさっそく購入。実食してみることに。

momoben-01.jpg

 今回、発売される弁当は、「ももクロのわがまま弁当」(価格598円)、「しおりんのまんぷく弁当」(価格580円)、「ももクロ流そうめん」(価格480円)の計3種で、いずれも600円以内というリーズナブルな価格。編集部では、一番バランス良くメンバーの個性を反映していそうな「ももクロのわがまま弁当」をセレクト。パッケージには「反らないエビ反リフライ」「高城の顔のような長いウィンナー」など、ユニークなメニュー名が記載されている。さっそく開けてみると、ももクロをイメージした色とりどりの品目が目に飛び込んでくる。

momoben-02.jpg

ご飯の上にはももクロのキャラクター「ももたん」の切り海苔が乗っていた。細部まで芸が細かい。

momoben-09.jpg
 
 まずはリーダー、百田夏菜子の個性が反映されている「スパイシーチキン」から。ほんのりスパイシーで甘味のあるソースが、白米への欲求を駆り立てる。躊躇なく、ももたん海苔で飯を包み込み、一気に掻き込んだ。

momoben-03.jpg

 続いては玉井詩織のイメージカラー、イエローのタルタルソースが乗ったエビフライを。ピンとまっすぐに揚げられていて、ボリュームも満点。衣に厚みがあり、アメリカンドッグを頬張っているかような満足感だ。

momoben-04.jpg

 誰がどう見ても高城れにを彷彿とさせるのは、高城の顔のような長いウィ......茄子ミートグラタンだ。モチモチとしたマカロニと、角切りの茄子が楽しい食感を奏でる。

momoben-05.jpg

 なんといっても嬉しいのは、野菜たっぷりのミネストローネ。ブロッコリーはもちろん"小さな巨人"、有安杏果をイメージしたもの。さっぱりとした味わいだが、存在感は抜群だ。このスープがついていなかったら、ほかのパワフルなメニューも引き立たない。

momoben-06.jpg

 デザートには、佐々木彩夏をイメージしたパンケーキを。優しい甘さのシロップがしみ込んでいて、目じりが下がる味わいだ。

momoben-08.jpg

 「ももクロのわがまま弁当」は、598円というお手頃価格の割には、バラエティに富んだメニューが楽しめ、子供から大人まで満足の出来だった。ももクロメンバーの個性が反映されているとのことだが、アイドルグループとしてのバランスの良さは、食に応用しても"イケる"ということを、しみじみ感じた次第である。

 数量限定で話題性もあるので、今日のお昼は"ももクロ弁当"を食してみてはいかがだろうか。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版