>  >  >  > 篠原×きゃりーを動画で比較!

きゃりーぱみゅぱみゅVS篠原ともえ、新旧ポップアイコンを細かく比較してみた

関連タグ
きゃりーぱみゅぱみゅ
篠原ともえ
PV
アイドル
ファッション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 原宿系ファッションの読者モデルから、いまや世界を股に賭けるポップアイコンへと大変身を遂げたきゃりーぱみゅぱみゅ。彼女を見ていると、15年ほど前に一世を風靡した篠原ともえとのさまざまな共通点が浮かんでくる。

ファッションの奇抜さ

篠原ともえ「ウルトラリラックス」

 当時、「シノラー」と呼ばれるフォロワーを多数生んだ篠原と、現代のファッションアイコンたるきゃりー。ゴテゴテしたチープなアクセサリーやカラフルな衣裳、またおもちゃ箱をひっくり返したようなビジュアル世界は、コンセプト面でも非常によく似ている。

 ちなみに同時期に人気を博したバラエティ発のユニット、ポケットビスケッツのボーカル・千秋も、シノラー風の衣裳を打ち出すがファッションアイコンとなるには及ばず。しかしながら、楽曲は大ヒット。

ポケットビスケッツ「Yellow Yellow Happy」

『スーパーベスト』(ユニバーサル・ミュージック)収録

プロデューサーがスゴい

きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」

『もしもし原宿』( ワーナーミュージック・ジャパン)収録

篠原ともえ 15th Anniversary Live『ULTRA RELAX DAY 2010』

楽曲は全て『スーパーモデル』(KRE)収録

 きゃりーのプロデューサーと言えば、PerfumeやCAPSULEでおなじみの中田ヤスタカ。対して、篠原をブレイクさせたのは電気グルーヴの石野卓球。どちらも第一線で活躍するばかりか、王道すぎないアプローチで音楽ファンの注目をも集めた。

ワールドワイドな活躍

きゃりーぱみゅぱみゅ 2012年パリで初ライブ

 今年、ワールドツアーを敢行したほか、海外遠征の続くきゃりーぱみゅぱみゅ。篠原もアニメ『こどものおもちゃ』が、'05年よりフランスで放送されたことをきっかけに、OPテーマ『ウルトラリラックス』がクラブでヘビロテされる事態に。

ウザかわいいキャラクター

篠原ともえ『クルクルミラクル』

 クネクネした動きと独特のトークでバラエティにも数多く出演した篠原。騒がしくも憎めないキャラで幅広い世代に認知される存在に。昨今アーティストよりの方向性でテレビ出演の少なくなったきゃりーも、かつてはバラエティで奔放な発言をしたり変顔を披露したりしていた。

 デビューして約3年後を境に、篠原は次第にそれまでのイロモノキャラからの脱却をはじめる。以降、露出は少なくなるものの地道な音楽活動を続けるほか、舞台の衣裳デザインや女優業などマルチタレントとして活躍中だ。一方、気になるのはきゃりーぱみゅぱみゅ。

 自身も予想だにしないブレイクだけでなく、「クールジャパン」の旗手を押し付けられた感もあるだけに、逃げ切れない深みにはまっていく気もしないでもないが......。
(文=板橋不死子)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版