>  >  > 東方神起の観客数はなぜ増えるのか

K-POPブームが収束しても何故か動員増 東方神起の人気が衰えないワケ

関連タグ
東方神起
J-POP
K-POP
アイドル
ダンス
日産スタジアム
韓流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東方神起が8月17、18日の2日間にわたり、日本最大の観客収容能力を誇る神奈川・日産スタジアムで初の単独ライブ「東方神起 LIVE TOUR 2013~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM」を開催、14万人以上を動員した。日産スタジアムで単独公演を行った海外アーティストは東方神起が初めて(イベント等では過去例もある)。同スタジアムで過去にライブを行った国内アーティストは、SMAPやEXILE、AKB48など、いずれも国内屈指のビッグネームであることからも、東方神起の人気の高さがうかがい知れる。
 
 しかし、東方神起といえば数多くのトラブルに見舞われてきたグループだ。2009年には、メンバーと所属事務所のSMエンターテインメントとの関係性が悪化し、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの三人が離籍して別グループ「JYJ」を結成。2011年からはユンホとチャンミンの二人で活動を続けている東方神起だが、その人気はまるで衰える様子はなく、動員数は確実に増えている。いったいなぜ、東方神起は支持されるのだろうか? K-POPに詳しい韓流エンタメ誌の編集者に取材した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版