>  >  > 秋元卒業後のチームKの「課題」

AKB48秋元卒業でチームKはどう変わる? アイドル専門家は「島田晴香がキーパーソン」と指摘

関連タグ
AKB48
J-POP
アイドル
エドボル
卒業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20130829akimoto.jpg

AKB48『さよならクロール』(KING RECORDS)

 AKB48の秋元才加が8月28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。06年の加入からチームK一筋の秋元は、チームカラーの緑色のサイリウムを振る250人のファンに見送られながら、7年半のアイドル人生にピリオドを打った。篠田麻里子、板野友美に続いて、今夏の卒業が決まっていたメンバーが全員、グループを巣立ったことになる。

 秋元は、体育会系で熱いパフォーマンスが持ち味とされる、チームKの主力メンバーとして活躍してきた。2010年3月から2012年10月まではチームKのキャプテンを務め、大島優子がキャプテンに就任してからも、チームKを象徴するキャラクターとして存在感を発揮した。はっきりとものを言う性格で、同期の増田有華や宮澤佐江とはぶつかり合うこともあったが、その一方、“ゴリラキャラ”で笑いを取るなどのユーモアセンスがあり、チームメイトから慕われる存在だった。

 今回の秋元の卒業を受けて、ネット上では「チームKといえば秋元才加というイメージだったな」「最後まで熱いパフォーマンスだった! お疲れ様」と秋元の卒業を祝うムードがある一方、「秋元がいないチームKの持ち味ってなに?」「もはや体育会系とは言えないのでは」と、今後のチームKを危ぶむ声もある。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版