>  >  > AKB48グループが“ドラフト会議”を導入

AKBグループが"ドラフト会議"を導入 「酷だけど面白そう」「ネタ切れ」と賛否分かれる

関連タグ
AKB48
SKE48
NMB48
J-POP
じゃんけん大会
アイドル
ドラフト
ミュージックステーション
総選挙
音楽シーン分析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKBグループは8日に行われた全国5大ドームツアー大阪公演で、「AKB48グループ ドラフト会議」を11月10日に開催することを発表した。

 今回のドラフト会議には、AKB48SKE48など各グループのリーダーが参加。リーダーは各劇場支配人と協議の上、事前にオーディションで選ばれたメンバーの中から、自分のチームに加えたいメンバーを直接指名し、争奪しあうという企画だ。会場となるのは野球のドラフト会議と同じくプリンスホテル新高輪。世代交代が進むAKBグループを活性化させるのが目的だ。

 ネット上ではAKBグループの新たな試みに対し、「じゃんけん大会はもう終わりでいい。ドラフト会議楽しみ」「AKBやSKEに入りたいひとが他のチームに指名されることもあるよね、酷だけどおもしろい」「AKBグループの企画力がすごい」などと歓迎する声がある一方、「要はオーディションにリーダーが参加するだけだろ? ネタ切れ感がいなめない」「現地からだけど、ドラフト会議発表のときに研究生が不安そうな顔してた」「もう楽曲うんぬんの話じゃないよね」などと、トピック作りにばかり奔走するAKBグループに不満を述べる声も目立った。ベテランの秋元才加も、Google+にて「ドラフト会議、即戦力って言ってたけど...どれだけのメンバーが育とうとして、そして育っているんだろう」と発言、今のAKBグループに対する不安を表明した。

 AKBグループ、世代交代の必要性は多くのファンが認めるところ。しかし、次々と発表される新企画に、メンバーたちが振り回されているという現実もあるのかもしれない。折しも今日は主要メンバーのひとり、板野友美が20時から放送予定の「ミュージックステーション」にて、卒業ライブを行う。新たな局面を迎えたAKBグループ、その未来図はまだ明確な像を結んでいない。
(文=編集部)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版