>  >  > 『24時間テレビ』の音楽は今年もヘン

なぜこの人、この楽曲? 『24時間テレビ』の音楽パフォーマンスへの疑問符

関連タグ
ゴールデンボンバー
華原朋美
24時間テレビ
テレビ
大島美幸
板橋不死子
森三中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎夏恒例となっているNTV『24時間テレビ 愛は地球を救う』が、今年も終了した。放送前より、「メインパーソナリティーののギャラが5000万」だとか「24時間マラソンは実は9時間で走破できる」だとか、こと裏事情的な部分に注目が集まっていた今回。果ては、マラソン走者を務めた森三中・大島美幸が番組時間内にゴールできなかったことまでが、「裏番組『半沢直樹』潰しでは?」と疑問視された。とはいえ、平均視聴率は18.1%と好調。なんだかんだ文句を言いながらも、多くの日本人はコレ系の番組が大好きなんだなと改めて確認できる結果となった。

 さて、『24時間テレビ 愛は地球を救う』と言えばテーマソング「サライ」を思い浮かべる人は多いはず。番組内では企画の合間に、ゲストアーティストによる歌のパフォーマンスが披露されるなど、かねてより音楽を重視してきた。今年も嵐をはじめ、公演先から生出演したAKB48など、多くの人気歌手が番組を盛り上げたが、中にはビミョーな人選、選曲もチラホラ……。ここでは、筆者が特に気になったパフォーマンスを振り返ってみようと思う。

●その1:ゴールデンボンバー「女々しくて」

 番組のテーマでもあるチャリティーにあわせ、頑張っている人を応援するような楽曲が大半を占める中で、完全に賑やかしとして登場した彼ら。ステージ後方のスクリーンでは、「ふなっしー」らゆるキャラたちが、まるでノリきれてない動き。ボーカル・鬼龍院翔のすっぴん三段オチは、もはや茶番にしか見えず。

●その2:栗田貫一「2億4千万の瞳」

 原口あきまさらモノマネ軍団とともに登場し、郷ひろみの『2億4千万の瞳』を熱唱。確かにウマいんだけど、本家が健在なのになぜモノマネだったかは謎のまま。一部では日テレ制作で12月に公開される映画『ルパンvsコナン』を意識してか? との憶測も飛び交っていた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版