>  >  > UVERworldと音楽メディアの蜜月

柴那典のチャート一刀両断!

邦楽ロック誌への露出急増中のUVERworld そのプロモーション戦略の変化を読み解く

関連タグ
UVERworld
サザンオールスターズ
AKB48
モーニング娘。
Fight For Liberty
クロスビート
ランキング
ロッキング・オン・ジャパン
柴 那典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月12日~08月18日のCDシングル週間ランキング

1位:キミとのキセキ(Kis-My-Ft2)
2位:SURVUVORS feat.DJ MAKIDAI from EXILE/プライド(THE SECOND from EXILE)
3位:Fight For Liberty/Wizard CLUB(UVERworld)
4位:ピースとハイライト(サザンオールスターズ)
5位:下弦の月(SCANDAL)
6位: 美少女黙示録(バクステ外神田一丁目 )
7位:We are Dreamer(Dream5)
8位:潮騒のメモリー(天野春子[小泉今日子])
9位:THE IDOLM@STER CINDERELLA M@STER 輝く世界の魔法(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS![神崎蘭子/アナスタシア/高垣楓/輿水幸子/渋谷凛])
10位:ビーサン(Silent Siren)

 先週の当コラムに書かれていたように、アルバムのリリース点数自体が少なく、アルバムチャートにも目立った動きが少なくなっている8月。しかし、シングルに目を向けると、実は大きなヒットを見込める話題作が毎週リリースされる「大賑わい」の一ヶ月になっている。

 まず8月7日には復活を果たしたサザンオールスターズの新曲「ピースとハイライト」がリリースされ、初動20.7万枚を記録。さらに、8月21日にはミリオンヒットが確実視されるAKB48の「恋するフォーチュン・クッキー」が、8月28日には今年に入ってシングルが2作連続1位となり再評価も著しいモーニング娘。の「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」がリリースされる。そして、この週に首位を記録したのはジャニーズ系グループのKis-My-Ft2。初動売り上げは前作を上回る26.1万枚。CD市場が14年ぶりに回復傾向を見せた昨年に続き、2013年上半期もシングルCDの生産数は前年比増を記録している。もちろん特典などの要因は大きいが、どうやら単純に「CDが売れない」と言われていた頃とは、今の音楽業界の状況は少し違ってきているようだ。

 そして、ここで注目したいのが初動6.2万枚を記録し初登場3位となったUVERworldの「Fight For Liberty/Wizard CLUB」。2005年のデビュー以来、ほぼ全ての作品をトップ10入りさせているロックバンドであり、そういう意味ではこのニューシングルも安定飛行のキャリアの延長線上と言うことができるかもしれない。しかし、この新曲に至るまでのプロモーション展開は、これまでとかなり変わってきているのである。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版