>  >  >  > あまりに独創的なビョークの世界

小野島大の「この洋楽を聴け!」 第3回:ビョーク

独創的すぎて真似できない――ビョークがポップ・ミュージックに与えた衝撃

関連タグ
小野島大
洋楽
解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は先日のフジ・ロック・フェスティバル、続くキャパ800人の小会場でのワンマン・ライブで話題をさらったビョークを取り上げます。

 ビョークは1965年アイスランドのレイキャビク生まれ。ヒッピーの両親のもとに生まれ、幼いころから音楽的な環境に育った彼女は音楽的には大変な早熟で、11歳のころにアイスランドの童謡を歌ったポップス・アルバム『Björk Guðmundsdóttir』(1977)をリリースしています。ですが世はパンク・ムーヴメントの真っ盛り。ビョークは既存のポップスやロックの文脈に組み込まれることに反抗し、タッピ・ティカラスというパンク・バンドを組みます。

Tappi Tikarrass Live 1982

 その後友人のアイナーとKUKLというポスト・パンク/アバンギャルド・バンドを結成し、英ハードコアのクラスの主宰するレーベルCRASSから2枚のアルバムを発表します。クラスといえばヒッピー・コミューンから出発し、反戦・反核・フェミニズム・環境保護・動物の権利など徹底した反権力・反商業主義の姿勢とアナーキズムの思想で、世界中のアンダーグラウンドなカルチャーに大きな影響力をもった80年代英ハードコアの精神的支柱でした。ビョークがそういうサークルから出てきた人であることは覚えておいたほうがいいと思います。それが最新作『バイオスフィリア』での反グローバリズム的な思想に繋がってきます。

K.U.K.L. (KUKL) / Anna (1984)

K.U.K.L. 『Eye』(ONE LITTLE INDIAN)収録

 やがてKUKLは解散し、ビョークとアイナーはシュガーキューブスを結成。クラスの弟分でもあったフラックス・オブ・ピンク・インディアンズのメンバーが設立したレーベル<ワン・リトル・インディアン>からデビューします。

The Sugarcubes / Birthday (1987)

The Sugarcubes『Life's Too Good』(Elektra / Ada)収録

 これが全英インディ・チャート2位となる大ヒットとなって、この不可思議な魅力を持ったヴォーカリスト、ビョークの名は世界中に知れ渡ることになりました。

 シュガーキューブスは3枚のアルバムを残して解散しますが、ビョークはまだバンド在籍中にマンチェスターのハウス〜テクノ・ユニットの808ステイトのアルバム『エクス・エル』(1991)にゲスト・ヴォーカリストとして参加しています。ここで彼女は自分の声と最新のダンス・ミュージックの相性の良さを確認したのでしょう。808ステイトのグレアム・マッセイは、後にビョークのプロデューサーに抜擢されています。

808 STATE feat.Bjork / OooPS (1991)

808 State「OooPS」(ZTT Records Ltd)

そして満を持してアルバム『Debut』で(実質的な)ソロ・デビューを飾り、たちまち時代を象徴するスターとなります。PVを見ると、最新のダンス・フロアの意匠に身をまとった当時のビョークは、キュートなポップ・アイコンであり、アイドルでもあったことをうかがわせます。

Bjork / Human Behaviour (1993)

『Debut』(Elektra / Wea)収録

Björk / Hyperballad (1995)

『Post』(Elektra / Wea)収録

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版