>  > ロックを教えてくれた山口冨士夫へ

小野島大による追悼エッセイ

ロックのなんたるかを教えてくれた山口冨士夫へ

関連タグ
山口冨士夫
村八分
キャロル
矢沢永吉
パンク
ロック
日比谷野音
追悼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山口冨士夫が死んだ。

 享年64歳。まだ戦争の傷跡も生々しい1949年に生まれた山口は、長い間糖尿病の合併症で苦しんでいた。なので当初は病気かドラッグのオーヴァードーズが死因かと思われたが、報道によれば、どうやら軍属の米国人親子から暴行を受けたのが死因ではないかという見方が強まっている。長年不摂生を続けてきた彼のカラダは、持ちこたえられなかったのだろう。

「村八分」の山口冨士夫さん死去 路上で突き飛ばされる / 朝日新聞デジタル

米軍属男ら傷害容疑逮捕=会社員ら殴りけがさせる / 時事ドットコム

「村八分」ギタリスト山口冨士夫さんが死去 1カ月前に突き飛ばされ頭部強打 / msn産経ニュース

 彼の名を日本のロック史に永遠に留めることになったのが1970年に結成され、1973年に解散した村八分だ。冨士夫にとって、ダイナマイツに続く2つめのバンドだった。

村八分「1972年 三田祭」

 ぼくはこの時のライヴを見ている。中学生の時だった。それまで見知っていた日本のロックとはまったく違っていた。音も、ヴィジュアルも、ファッションも、ステージ・アクションも、なにより存在感がすごかった。ステージにあがった瞬間にその場の空気が変わるのがわかった。なにかもが完璧にかっこよかったのだ。なかでも冨士夫の、ぞくりとするほど妖艶で危険なヴィジュアルと、恐ろしくシャープでリズムの切れるギターは衝撃だった。上記の断片的な映像でそれがどれだけ伝わるかわからないが、評論家的に後付で分析してしまえば、彼らはエロスとタナトスがギリギリにせめぎ合う、危ういまでのデカダンスを全身で体現していた。まさしくジャン・コクトーの描く「アンファン・テリブル」そのものだった。彼らは刃物のように尖っていて、風花のように美しかった。そんなバンドは、そう、ほかにローリング・ストーンズしかいなかった。ぼくは村八分によって、理屈ではなく直感で、ロックを学んだ。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版