>  >  > 剛力彩芽のデビュー曲が炎上したワケ

剛力彩芽のデビュー曲はなぜ炎上したのか?

関連タグ
剛力彩芽
J-POP
アイドル
宇野維正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あの剛力彩芽がいよいよシンガーとしてデビューした。そのデビュー曲『友達より大事な人』の評判があまりよくない。いや、はっきり言うと、かなりよくない。

 タイトルからもわかるように、楽曲のイメージは「元気なクラスメイト」。ただ、音楽的には近年の「元気系」女性シンガーのロールモデルとなっているアヴリル・ラヴィーン系のガールズロック(代表的なのはYUIやmiwa)というわけではなく、かといって歌謡曲的な情緒にも欠けている。強いて言うなら、デビー・ギブソンやティファニーを思い出させるようなアメリカの80年代ガールズポップ風。昨年日本でもヒットしたカーリー・レイ・ジェプセンあたりは、ビートを強めてその路線を今風にアップデートさせていたが、『友達より大事な人』は80年代まんま。今時、どうしてこんな古くさいサウンドにしたのか謎。

 そして、もっと混乱させられるのはミュージックビデオだ。楽曲のイメージ通りに学校を舞台にした作品なのだが、その中で剛力彩芽はまるでR&B系シンガーのように踊りまくる。5歳からダンスをやっていて、以前からCMの中でもキレキレの踊りを披露していた彼女。この曲も同じシリーズのCMソングとしてオンエアされているので、そこの整合感だけはあるのかもしれないが、歌詞、サウンド、リズム、ダンスの振り付け、それぞれのバランスがメチャクチャ。さらに言うなら、CDジャケットのアートワークの写真や色彩や文字のフォントもすべてがチグハグ。とにかくいろんな人の意見をすり合わせていくうちに、よくわからない場所へ不時着してしまったという印象なのだ。

 念のため言っておくと、自分は最近ネットを中心に巻き起こっている剛力彩芽バッシングに与する者ではない。そもそも芸能事務所はタレントを売り込む(ゴリ押す)のが仕事だし、そこにビジネスとしてのメリットがあるからテレビ局だって広告代理店だって仕事を発注する(ゴリ押される)のだ。それだけの魅力が彼女には確かにあると自分は思う。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版