>  >  > 今こそ振り返る、加藤和彦の功績

宇野維正の「音楽雑誌・書籍を読む」 第一回:『エゴ ~ 加藤和彦、加藤和彦を語る』

衝撃の訃報から4年 今こそ振り返る、加藤和彦の功績

関連タグ
サディスティック・ミカ・バンド
イエロー・マジック・オーケストラ
はっぴいえんど
ザ・フォーク・クルセダーズ
ドラマ
フォーク
ロック
宇野維正
書籍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年10月、「加藤和彦、軽井沢のホテルで自死」というニュースが日本中に流れてから、そろそろ4年の年月が経つ。「世の中は音楽なんて必要としていないし、私にも今は必要もない。創りたくもなくなってしまった。死にたいというより、むしろ生きていたくない」。遺書に残されていたそんな加藤の言葉は、しかし同じ遺書の最後に記されていた「どうか、お願いだから騒がないで頂きたいし、詮索もしないで欲しい。ただ、消えたいだけなのだから...」という言葉を尊重してのことだろうか、現在に至るまで深く検証されてこなかったように思う。

 本書『エゴ~加藤和彦、加藤和彦を語る』(SPACE SHOWER BOOks) は、死後にいくつか刊行された追悼本や研究本とは違って、今から20年前の1993年、単行本の刊行のために数度にわたって行われた約10万字のインタビューをまとめたものだ。結局その単行本は、加藤が当時の妻である安井かずみの看護に専念するため、そしてそれによって当時予定されていたセルフ・カバー・アルバムの企画が中止されたため、連鎖的に制作が中断されたままになっていた。

 昨年3月にNHKで放映された、安井かずみの闘病生活を題材としたドラマ『優雅な生活が最高の復讐である』(NHK BS)。今年2月に刊行されてロングセラーとなっている、『安井かずみがいた時代』(著・島崎今日子/集英社)。自殺の衝撃から時間が経過することによって、音楽家・加藤和彦の功績がフラットに語られるようになることを期待していたが、逆に時間が経てば経つほど私人・加藤和彦の方に焦点が当てられる(しかも安井かずみの脇役として)機会が増えてきた。そんな中、本書が20年の時を超えて刊行されたことの意義は決して小さくない。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版