>  >  >  > MIYAVIの変身ぶりがすごい

カメレオンアーティスト、MIYAVIのスゴ過ぎる変身ぶりを動画で検証してみた

関連タグ
雅-MIYAVI-
MV紹介
PV
オルタナティブロック
ギタリスト
ミクスチャーロック
ロック
ヴィジュアル系.動画まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨今話題のアーティスト、MIYAVI。これまでに何回か大きな変身を遂げている"カメレオン"アーティストでもある彼の、これまでの変遷を振り返ってみた。

Due'le quartz「自殺願望」

 ビジュアル系バンドのギターとしてキャリアをスタートさせたMIYAVI。バンドは、インディーズながらアジアを中心に世界中で支持されるほど大人気に。ビジュアル色全開のファッションやメイクは、今の彼とはずいぶんイメージが違うが、ギターソロのテクニックはさすが。樹海で演奏するという斜め上の発想もビジュアル系バンドらしい。

雅-miyavi-「あしタ、天気ニなぁレ。」

 Dué le quartz解散後は、インディーズでソロ活動を開始。ビジュアル系時代から一転、ファッションや音楽性も大きく変化し、そのポップかつ奇抜なスタイルは在りし日のhideを彷彿とさせる部分も。アコースティックなギターサウンドへのアプローチも、徐々に見られるように。この頃は、とにかく若い女子を中心にアイドル的な人気を誇っていた。

雅-miyavi-「素晴らしきかな、この世界」

 メジャーデビュー後、約1年間単身ニューヨークに留学。帰国後に発表した楽曲は、ヒップホップを取り入れたり、ミクスチャー要素が強まったりと、弱冠男臭く変化した。ファッションにもストリートテイストが目立つ。一見すると「悪そうな奴はだいたい友だち」な印象。この頃、歌手のMelody.と入籍。一児の父となる。

雅-MIYAVI-「Ahead Of The Light」

 改名後はサポートドラマーBOBO(54-71)と組み、エレアコとドラムというシンプルなスタイルでライブ活動を開始。今年2月にリリースされた最新シングルは、独自のスラップ奏法のギターとエレクトロビートが混在するゴリゴリのダンスロック、さらに全英語詞という仕上がり。ヤンキーとデコトラが取り囲む中演奏する姿も衝撃的!

 さまざまな変化を経て、現在の立ち位置を獲得したアーティスト・MIYAVI。今後、さらに変化する時が来るのか、心して見守りたい。
(文=板橋不死子)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版